声の学校と普通の学校の違いって?

声の学校は声優になるための専門的な学校

声の学校と聞くと声優になるために通う養成所か専門学校が連想されます。声優養成所には高校に通いながら週1回通う人もいれば、高校を卒業して専門学校に入る人、大学に通いながら通う人等様々な人がいます。これらの人達が声優としての第一歩を踏み出すために養成所で日々自己研鑽に励んでいます。声優養成所は普通の学校と違い、マイクの前に立ち、声だけでそのキャラクターの行動、心情を表現するための演技の基礎をプロの講師から徹底的に学びます。また、ダンスや歌などにも力を入れている養成所もあり、演技や歌やダンス等あらゆることに対応できるマルチな声優を育てている所もあります。これに対して普通の学校は平日に授業・講義を聞いてレポートを書き、試験を受けて単位を取ることが主になります。声優になりたい人にとっては養成所の方がより専門的なレッスン等を受けられます。

普通の学校でも演劇を学ぶことはできる

普通の学校ここでは大学になりますが、大学でも文学部に演劇学専攻を置いている大学もあり、戯曲や演劇とは何かということを座学を含めてしっかり学ぶことができます。演劇学専攻に通っている人たちは大学の演劇サークルや劇団等に入り直に演劇に触れるということも可能です。しかし、大学では舞台演劇が中心となり、声に特化した講義は少ないでしょう。そう考えると、声優を目指すということになると養成所に通っている人達とは一歩出遅れているかもしれません。養成所に通わずに声優になるには公開オーディション等に合格しなければならず、とても狭き道となってしまいます。そのため、しっかりと声優を目指したいという方は声優になるためのノウハウが詰まった声優養成所に通うのが近道と言えるでしょう。また、大学に通いながら声優養成所に通うこともできる養成所もあるので、自分にあった養成所選びも大切です。

© Copyright Learning Voice. All Rights Reserved.